ちいさな暮らしたび日記


いとしごとselahのブログ
by itoshigoto-selah
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

祈ること

いとしごとselahです。
最近携帯が壊れて修理したのですが、もはや携帯の調子が悪いです!笑
電源急に切れるし、メール消えるし、届かないし、なんなんでしょう(;o;)!


そして思うことがあり、またあまりブログにそぐわない文章を書いてしまうかもしれません。
ごめんなさい_(._.)_




私の叔父の体調が悪くなって2週間ほど経ちました。
もともと病に倒れ、ずっと入院生活だったのですが、最近容態が酷くなってしまって、とても心配です。

今日も病院に行ったのですがいつもより苦しそうで気持ちが収まらなくてこのブログを書いてしまっています。多分。


身近な人がこういう状況になると本当に考えさせられます。


実は昔叔父のこと怖くて苦手だったんです。
今でこそあの時叔父も色々大変だったんだなとか理解できるのですが私も幼かったのでそんなこと考えることも出来ず、怖くて避けたい存在でした。

叔父が倒れる少し前ぐらいには私もちょっとは成長し叔父の不意にみせる優しさとか人間らしさが好きになってきたりして…とはいってもやっぱり苦手でしたが!笑


突然叔父が倒れたと連絡が入った時はもっと叔父と話したりすれば良かったとか色々後悔しかなく。。。


なんとか一命をとりとめましたが、
あの元気で大きかった叔父が今では動けなくなり、痩せて本当に小さくなってしまいました。
その姿と顔がどことなく亡くなった私のおじいちゃんとおばあちゃんを思い出させ、見ているとなんとも切なく、そして不思議と愛しくなるわけです。


(おじいちゃんとおばあちゃんも命と引き換えに大切なものを教えてくれたなあ。というか私がそういう状況になんなきゃ気づけない人間なのですかね。。。ぐすん(;-;))



叔父の苦しんでいる姿をみると本当に胸が痛みます。

手を握ると暖かくて意識のあるときは握り返してくれて、叔父さんもしっかり生きてるんだって感じがします。


でもそれと同時にあー無力だなーって。
私が触れても直接寿命を伸ばしてあげることもできないし癒してあげることもできません。
叔父さんの家族でも娘でもないし立場というものもあります。


でもですね、私はすぐ調子にのってしまうので(笑)、無力さに気づくことができて逆に感謝だなあと思うし無力だからこそ、祈ることができるんだなあと。

祈ることって何も出来てないようで一番凄いことだって信じてます。

きっとまた元気になること、信じて祈り続けなければ。
祈って期待して待つ。
それが一番の近道だと最近改めて思うようになりましたっというか思いたいです。


本当、色んなことを通して大切なことを教えてもらってます。



すごくとりとめのない文章になってしまいました(>_<)が良しとしよう!笑



ではでは失礼いたしました_(._.)_
[PR]
by itoshigoto-selah | 2015-04-18 01:13 | 旅日
<< フェアトレードフェスタ2015 デシデラータ、切なる願い >>